乳児院は休めないって本当??

8yasumenai病院の勤務はかなりハードワークで、
病院以外の勤務は比較的看護師として待遇もそこそこ、
休日もあり、オンとオフの境目がはっきりしていることが多い。

そんな風の思っている方も多くいますが、
乳児院に限って言えば、実は病院勤務よりも拘束時間が長い。
と言われています。

 

看護師の場合、就業時間は長く、
夜勤や残業もある仕事とで拘束時間がかなり長いものの、
非番の時にはほとんどのケースでオンコールもなく、
プライベートは確保できることが多くなります。

でも、乳児院では自宅待機や
オンコール対応なども必要になるケースが多いんです。

 

もちろん、時間的に拘束されている状態ですので、
その分の手当は支給されますが、旅行に出るわけにはいきませんし、
つねに連絡が付く状態になっていなければなりません。

出勤をしていなくても
何となく休んだ感じがないことが多くなりますよ。

 

ただ、完全に休みという日もあります。
だいたい月に7日程度は完全なオフになることがあります。
また、有給休暇についてはちゃんと取得も可能です。

この点はなかなか有給休暇取得が難しい
病棟勤務よりは恵まれていそうです。

 

乳児院の仕事は思いのほか体力も精神力も必要になる勤務です。
大人ではない、まだお話もままならない子供を相手にするのは、
想像以上にストレスを抱えることがあります。

 

それでも、子どもたちの表情や成長、
保護者の方からの感謝の言葉などがはげみになり、
やりがいとなって働いている。

という看護師は数多くいるんですよ。

実は休みが不規則って本当?乳児院の休日事情

7yasumi

一般的に病院は24時間対応で休日も不定期ですよね。
実はこれ、乳児院でも
同じような条件になっていることが多いんです。

乳児院は生後間もないころから
概ね1歳未満の子どもたちが暮らしている福祉施設です。

 

暮らしているのですから、
24時間、365日体制で開所していますよね。

そのため、必然的に看護師も病院と同じように24時間、
365日対応での勤務が必要になります。

 

他の福祉施設では、看護師は日勤のみで、日曜日は休みというところもありますが、乳児院の場合には、事情が異なります。

乳児は気温の変化や気候の変化によって体調を崩しやすく、
さらに免疫力や抵抗力も圧倒的に低い存在です。

 

医療従事者である看護師の必要性は、
他の施設に比べると圧倒的に高いんです。

施設内は看護師以外のスタッフについても、
ほぼ病院と同様にシフト勤務によって
不規則な勤務体制で働くことが多くなります。

 

休日も交代制での勤務が必要ですし、
夜間の勤務も必要になりますよね。

この点を考えると、
ほぼ病院と同じようなシフト勤務をする
必要性があるということが分かります。

 

また、他のスタッフに比べて看護師の配置人数は少なく、
勤務時間内は一人で職務を遂行する必要もあります。

仕事はかなり多岐にわたりますし、
以外に忙しい仕事になっているんですよ。