乳児院で働く場合の仕事内容は?

1naiyou乳児院に入所してくる子どもたちは、
生後間もないころからおおむね1歳未満という乳児です。

両親や里親、特別養子縁組の養父母などに引き取られることになるまで、
場合によってはその後児童養護施設で暮らす年齢になるまで、
乳児院で暮らすことになります。

 

乳児院で働くスタッフは、
この子どもたちの親代わりとなって成長を見届ける必要があります。

乳児院では、
看護師はこの子どもたちの健康管理を行うことがになりますが、
同時に親代わりとしての役割も担うことにになりますよ。

 

乳児院では子どもの起床と共に着替えや検温などを行っていきます。
乳児はとくに体温調整を自身で行うことがまだ難しいので、
検温は非常に重要です。

さらに食事の介助などもありますが、
月齢によっても食事が変わりますので、
子どもに応じた対応が必要です。

 

午後も昼食やお昼寝、おやつや入浴、
それに夕食と、
かなりこなさなければならない業務は多くなります。

もちろん、保育士などのスタッフと共に行いますが、
健康管理を担う看護師の役割はとても重要ですよね。

 

乳児院では責任も強い仕事ですが、
子どもの笑顔や成長が楽しみでやりがいと感じる看護師が多くなります。

募集自体は決して多いわけではなく、
稀な求人となりますが、もし希望がある場合には、
チャレンジしてみてはどうでしょうか。